英語学習 | Learning English

TOP > 英文法  > 関係代名詞

関係代名詞

Lesson 065

目次

関係代名詞

   関係代名詞は、文と文をつなぐ 接続詞 の役割と、前に出てきた名詞を受ける 代名詞 の役割を持ちます。次の文は 関係代名詞who 」 を用いて、2 つの文を 1 つにまとめたものです。

This is Bill. + He is a singer.

( こちらはビルです。 ) + ( 彼は歌手です。 )

↓↓↓

This is Bill who is a singer.

( こちらは歌手であるビルです。 )

   このように「 Bill 」 を説明する「 who is a singer 」 の部分を 関係詞節 といい、関係詞節によって説明・修飾される語を 先行詞 といいます。

関係代名詞の種類

   関係代名詞 には次のような種類があります。2 つの文をどのように結びつけるかによって 関係代名詞 が変わってくるので注意が必要です。

先行詞の種類主格所有格目的格
whowhosewhom / who
事物・動物whichwhose / of whichwhich
人・事物・動物thatthat

whoの用法

「 ~ する人 」という意味で、先行詞が 「 人 」 を表す名詞の場合に用います。

3 - 1.  who が関係詞節内で 主語 の働きをする場合

We need a person who speaks English.

( 私たちは英語を話す人を必要としています。 )

Anyone who wants to come is welcome.

( 来たい人はだれでも歓迎です。 )

There's a Mr.Parrish who wants to see you.

( パリッシュさんという方があなたにお会いしたいと言っています。 )

3 - 2.  who が関係詞節内で 目的語 の働きをする場合

口語的な用法では時に whom の代用として用いられますが、ふつうは省略されます。

The woman ( who ) you were talking about is my aunt.

( あなたがうわさしていた女の人は私のおばです。 )

I wouldn't speak against anyone ( who ) you are so fond of.

( あなたが好きな人を悪く言うようなことはしない。 )

3 - 3.  「 it iswho 」 の強調構文 : 「 ~ するのは 」

it was he who broke the windowpane.

( 窓ガラスを割ったのは彼です。 )

It is I who am wrong.

( 悪いのは私だ。 )

3 - 4.  who の前に「 , 」カンマが置かれる場合

   カンマを置くことで先行詞について 補足説明する役割 を持ちます。 「 そしてその人は 」という「 and 」の意味であることが多いですが、 「 but 」 や 「 for 」というように「 しかしその人は 」などの意味を表す場合もあります。

I sent it to Audrey, who passed it on to Fletcher.

( 私がそれをオードリーに送り、オードリーはまたフレッチャーに回した。 )

Her husband , who is living in New York , often writes to her.

( 彼女の夫はニューヨークに住んでいるが、彼女にたびたび手紙を寄こす。 )

3 - 5.  先行詞を省く場合

「 ( ~ する ) その人 」「 ( ~ する ) 人はだれでも 」という意味を表します。

It was who you thought.

( あなたが思っていたとおりの人だった。 )

She can marry who she chooses.

( 彼女は自分の好きな人を選んで結婚できる。 )

whoseの用法

先行詞が 「 人・事物 」 を表す名詞で、関係詞節内で 所有格 の働きをするときに用いられます。

4 - 1.  基本用法

   whose は所有格なので必ず名詞が後ろに続き、通常は 「 先行詞 + whose + 名詞 ~ 」 という語順になります。

I know a girl whose mother is a pianist.

( 母親がピアニストをしている少女を知っている。 )

The woman whose car you hit was furious.

( あなたがぶつけた車の持ち主の女性は激怒していた。 )

I'm looking for a building whose walls are made of glass.

( 壁がガラスでできている建物を捜しています。 )

4 - 2.  whose の前に「 , 」カンマが置かれる場合

   カンマを置くことで先行詞について 補足説明する役割 を持ちます。 「 そしてその 人(事物) の ~ が 」という「 and 」の意味であることが多いですが、 「 but 」 や 「 for 」というように「 しかしその人(事物) の ~ が 」などの意味を表す場合もあります。

Mrs. Kennedy , whose house we have rented for our vacation, is a rich widow.

( ケネディ夫人は私たちが休暇中に借りた家の持ち主ですが、金持ちの未亡人です。 )

My son , whose major was mathematics, is a high-school teacher.

( 私の息子は数学を専攻し ( 今では ) 高校の教師をしている。 )

whomの用法

   先行詞が 「 人 」 を表す名詞で、関係詞節内で 目的格 の働きをするときに用いられます。ただし、現在では文章体や前に前置詞があるとき以外は whom を省くか、代わりに who を用いられることが多い。

5 - 1.  基本用法 : 「 ~ するところの ( 人 ) 」

The gentleman ( whom ) I met yesterday was a teacher.

( きのう会った紳士は先生でした。 )

This is the person about whom I talked to you yesterday.

( この人がきのう私があなたに話した人です。 )

5 - 2.  whom の前に「 , 」カンマが置かれる場合

   カンマを置くことで先行詞について 補足説明する役割 を持ちます。 「 そしてその人を 」という「 and 」の意味であることが多いですが、 「 but 」 や 「 for 」というように「 しかしその人を 」などの意味を表す場合もあります。

He had a beautiful wife , whom he loved greatly.

( 彼は美人の奥さんを持っていて、彼女をたいへん愛していた。 )

I met Mr . Smith, with whom I dined at a restaurant.

( スミスさんと会って一緒にレストランで食事をした。 )

5 - 3.  先行詞を省く場合 : 「 ( だれでも ) ~ する人に 」

Ask whom you like.

( だれでも好きな人に尋ねなさい。 )

whichの用法

   先行詞が 「 人 」 以外の 「 事・物・動物 」 の場合に用いられます。

6 - 1.  which が関係詞節内で 主語 の働きをする場合

The river which flows through London is called the Thames.

( ロンドンを貫流するその川はテムズ川という。 )

Books which sell well are not necessarily good ones.

( よく売れる本がいい本とはかぎらない。 )

  先行詞が 「 人 」 を表す名詞であっても、その名詞が「 性格 」「 職業 」「 地位 」 などを表し、関係代名詞が補語となる場合は、which が用いられることがあります。

She had a chance to be an excellent lawyer , which she did become.

( 彼女は素晴らしい弁護士になるチャンスがあり、そうなった。 )

6 - 2.  which が関係詞節内で 目的語 の働きをする場合

目的格の関係代名詞は省略されることが多い。

This is the book ( which ) I have chosen.

( これが私の選んだ本です。 )

The car ( which ) he bought recently was stolen.

( 彼が最近買った車が盗まれた。 )

6 - 3.  which の前に「 , 」カンマが置かれる場合

   カンマを置くことで先行詞について 補足説明する役割 を持ちます。 「 そしてそれは 」という「 and 」の意味であることが多いですが、 「 but 」 や 「 for 」というように「 しかしそれは 」などの意味を表す場合もあります。

I began to read the book , which was very difficult for me.

( その本を読み始めたが、私にはとても難しかった。 )

The concert , which I heard last week, was excellent.

( そのコンサートは先週聞いたが、すばらしかった。 )

6 - 4.  前の節の一部、または全体を先行詞とする場合

His wife was very intelligent , which was a source of great pride to him.

( 彼の奥さんは非常に聰明(そうめい)で、それが彼の非常な自慢の種だった。 )

He said he saw me there , which was a lie.

( 彼はそこで私を見たと言うが、それはうそだった。 )

thatの用法

関係代名詞 that は「 人 」「 事物 」「 動物 」 のすべてに用いることができます。

< 関係代名詞 that の主な特徴 >

  1. 主格と目的格があり所有格はない。語形変化もない。

  2. who , whom , which の代わりに用いられることが多い。

  3. 目的格の that は省略可能。

  4. 先行詞が次のような場合は who , whom , which よりも that が用いられます。

    1. 最上級の形容詞や the only, the first, the same, the very などによって修飾され 「 唯一 」 の意味が含まれる場合

    2. anything, everything, none などの不定代名詞の場合

    3. all, any, every, no などの不定数量形容詞によって修飾されている場合

    4. 「 人 + 人以外のもの 」の場合

    5. 疑問詞の場合

    6. 人の職業・性質を表し、かつ、補語である場合

7 - 1.  that が関係詞節内で 主語 の働きをする場合

The old man that lived in our neighborhood died yesterday.

( 近くに住んでいた老いた男が昨日死んだ。 )

He's the greatest actor that has ever lived.

( 彼は今までになかったような名優だ。 )

That's all that matters.

( それが一番大事なんじゃない。 )

7 - 2.  that が関係詞節内で 目的語 の働きをする場合

目的格の that は省略が可能。

The man that I spoke of yesterday is standing over there.

( 私が昨日話していた男があそこに立っている。 )

I turned in the wallet that I'd found to the police.

( 私は拾った財布を警察に届けました。 )

7 - 3.  that が関係詞節内で 補語 の働きをする場合

He is not the genius that I thought he was.

( 彼は私が以前思ったほどの非凡な才能の持ち主ではない。 )

Fool that I am

( 自分は何てばかなのだ。 )

7 - 4.  「 it is + 名詞語句 + that ~ 」 で名詞語句の強調構文

It is those days that we remember best.

( いちばんよく覚えているのは当時のことです。 )

It was a book that I bought yesterday.

( 私がきのう買ったのは本でした。 )

英文法

英文法の基礎を全 120 Lesson で徹底的に学習しよう。

Lesson 001:品詞

Lesson 002:文の構成

Lesson 003:基本 5文型

Lesson 004:文の種類

Lesson 005:句と節

Lesson 006:自動詞と他動詞

>> 全 120 Lesson 一覧  

英語フレーズ集

こんなときなんて言う? 身の回りのあらゆることを英語で表現してみよう。

Lesson 001:起床

Lesson 002:洗面

Lesson 003:

Lesson 004:通勤・通学

Lesson 005:

>> 全 119 Lesson 一覧  

映画で楽しく英語学習

Born of cold and winter air and mountain rain combining

アナと雪の女王 Lesson 001 >>>

< ♪ Frozen Heart ♪ >

Born of cold and winter...

Hyup! Ho! Watch your step! Let it go!

アナと雪の女王 Lesson 002 >>>

< ♪ Frozen Heart ♪ >

Hyup! Ho! Watch your ...

Elsa. Psst. Elsa!

アナと雪の女王 Lesson 003 >>>

< Young Anna >

Elsa. Psst. Elsa!

Ice? Faster, Sven!

アナと雪の女王 Lesson 004 >>>

< Young Kristoff >

Ice? Faster, Sven!

I recommend we remove all magic, ...

アナと雪の女王 Lesson 005 >>>

< Grand Pabbie >

I recommend we...

塔の上のラプンツェル ~ Lesson 001 ~

ラプンツェルを主人公に新しい世界へ踏み出す勇気のすばらしさを描いた感動の物語

このエントリーをはてなブックマークに追加

英文法

英文法の基礎を全 120 Lesson で徹底的に学習しよう。

Lesson 001:品詞

Lesson 002:文の構成

Lesson 003:基本 5文型

Lesson 004:文の種類

Lesson 005:句と節

Lesson 006:自動詞と他動詞

>> 全 120 Lesson 一覧  

英語フレーズ集

こんなときなんて言う? 身の回りのあらゆることを英語で表現してみよう。

Lesson 001:起床

Lesson 002:洗面

Lesson 003:

Lesson 004:通勤・通学

Lesson 005:

>> 全 119 Lesson 一覧  

映画で楽しく英語学習

Born of cold and winter air and mountain rain combining

アナと雪の女王 Lesson 001 >>>

< ♪ Frozen Heart ♪ >

Born of cold and winter...

Hyup! Ho! Watch your step! Let it go!

アナと雪の女王 Lesson 002 >>>

< ♪ Frozen Heart ♪ >

Hyup! Ho! Watch your ...

Elsa. Psst. Elsa!

アナと雪の女王 Lesson 003 >>>

< Young Anna >

Elsa. Psst. Elsa!

Ice? Faster, Sven!

アナと雪の女王 Lesson 004 >>>

< Young Kristoff >

Ice? Faster, Sven!

I recommend we remove all magic, ...

アナと雪の女王 Lesson 005 >>>

< Grand Pabbie >

I recommend we...

塔の上のラプンツェル ~ Lesson 001 ~

ラプンツェルを主人公に新しい世界へ踏み出す勇気のすばらしさを描いた感動の物語