英語学習 | Learning English

TOP > 英文法  > 命令法

命令法

Lesson 111

目次

命令法

   命令法とは、命令・要求・依頼・希望・禁止などを表す表現で動詞は常に原形となります。基本的に 2 人称に対する表現のため主語である you は省略されますが、 相手を強調する場合に明示することがあります。

基本形式

   主語である you は省略し動詞は原形を使用します。強調や興奮などの感情を表すときには感嘆符 「 」 を付けます。

Stop crying

( 泣くのはやめろ。 )

Give her back the book.

( その本を彼女に返しなさい。 )

Open your mouth and close your eyes.

( 口を開けて目を閉じなさい。 )

否定文

動詞の前に don'tdo not を置いて、禁止や忠告を表します。強い否定には never を用います。

Don't eat too much.

( あまり食べ過ぎるな。 )

Don't treat me like a child.

( 僕を子供扱いするなよ。 )

Never tell a lie again.

( 二度と嘘をいうな。 )

主語を明示する場合

4 - 1.  主語 you を明示する場合

   you に強勢を置くことで、話し手の 「 いらだち 」 を表します。また複数の相手の中で、特定の人に命令する時にも使用します。

You keep out of this.

( 口を出すな。 )

You be quiet.

( 君静かにしろよ。 )

Susan, you sing the melody.

( スーザン、あなたは旋律を歌って。 )

4 - 2.  you 以外の主語を明示する場合

呼びかける形で、you 以外の主語も使われることがあります。

Stop it, Bill

( ビル、やめなさい。 )

Somebody catch that man!

( 誰かその男をつかまえて。 )

Do を用いた命令法の強調

命令法をさらに強調するには動詞の前に Do を置きます。

Do tell me.

( ぜひ聞かせてください。 )

Do watch your step.

( 足元に御用心願います。 )

Do come again.

( またぜひおいでください。 )

付加疑問文が付く場合

   付加疑問文を付けて命令調を和らげます。よりソフトな表現にしたい場合は否定の付加疑問文や please を用います。

Close the window, will you

( 窓を閉めてくれないかね。 )

Come and see me tomorrow won't you

( 明日遊びにいきませんか。 )

Please don't yell, will you

( 怒鳴らないでね。 )

Be を用いた命令法

命令法は動詞の原形を用いるため、存在や状態を表す be 動詞の命令法は当然 be を用います。

Be honest.

( 正直であれ。 )

Be quiet, please.

( 静かにしてください。 )

Don't be late for the train.

( 列車に乗り遅れるな。 )

命令法 + and : 「 ~ しなさい、そうすれば ~ 」

Study hard, and you'll succeed.

( 一生懸命勉強しなさい、そうすれば成功します。 )

Marry first and love will follow.

( まず結婚しろ。そうすれば愛情とはあとで生まれてくる。 )

Compare the two carefully, and you will see the difference.

( その2つをよく比べてみなさい。そうすれば違いがわかります。 )

命令法 + or : 「 ~ しなさい、さもなくば ~ 」

Be silent, or speak something worth hearing.

( 黙っていなさい、さもなくば何か聞く価値のあることを言いなさい。 )

Run, or else you'll be late.

( 走らないと遅れますよ。 )

Put your coat on, or you'll catch cold.

( 上着を着なさい、そうでないとかぜをひくよ。 )

let による命令

1 人称・ 3 人称に対して 「 ~ させる 」 ことを 2 人称に命令、依頼する間接的な表現になります。

Let me go there!

( 私にそこへ行かせてください。 )

Let him do as he likes.

( 彼の好きなようにやらせなさい。 )

Don't let him know her address.

( 彼女の住所を彼に知らせてはいけない。 )

Let us do the work.

( 我々にその仕事をやらせて下さい。 )

let's による勧誘

   let uslet's と短縮され 「 ~ しようではないか 」 という勧誘や提案を表します。 let's の付加疑問には shall we? を用います。

Let's go

( 行きましょう。 )

Let's not be late.

( 遅れないようにしよう。 )

Let's go dancing, shall we?

( 踊りに行きませんか。 )

譲歩を表す命令法

12 - 1.  come what may, ~ : 「 何事があろうとも、 ~ 」

whatever may come に置き換えることが可能。

Come what may, I am determined to accomplish it.

Whatever may come, I am determined to accomplish it.

( 何事が起ころうとも、私はそれをなしとげる決心である。 )

Come what may, I will not break my word.

( どんなことがあろうと約束は破らない。 )

Come what may, I will never leave you.

( 何が起ころうとも、僕は君のもとを去りはしない。 )

12 - 2.  say what you like, ~ : 「 君が何と言おうと、 ~ 」

Say what you like, I think she is a pretty girl.

( 君が何と言おうとあの女の子はきれいだと思うね。 )

Say what you like, I won't change my mind.

( 君が何と言おうと、決心が変わりません。 )

12 - 3.  try as you may : 「 どんなに ~ してみても 」

Try as you may, you can't master English in a few months.

( いくらやってみても、2 ~ 3 ヶ月で英語を習得することはできない。 )

Try as you may, you will never get him to agree.

( いくらやってみても、彼の同意は得られないでしょう。 )

Try as you may, you will not be able to read as many as five novels in a day.

( 君がどんなにがんばっても、1 日で 5 冊も小説を読むことはできないだろう。 )

12 - 4.  believe it or not : 「 信じようと信じまいと 」「 信じないかもしれないが 」

Believe it or not, that is true.

( 信じようと信じまいと、それは真実だ。 )

Believe it or not, she has three children.

( まさかと思うだろうが、彼女には子供が 3 人いる )

Believe it or not, I'm already fifty years old.

( 本当とは思えないかもしれないが、私はすでに 50 歳だよ。 )

仮定や提案を表す命令法

13 - 1.  suppose ~ : 「 もし ~ ならば 」「 ~ してはどうだろう 」

   話し手が可能性があると考えて仮定するなら直説法が用いられ、現実にありえないことを仮定するなら仮定法が用いられます。また、「 ~ してはどうだろう 」 と提案を示す場合もあります。

Suppose ( that ) he refuses. What shall we do then?

( もし彼が断わったとしたらどうしようか。 )

Suppose it were true, what would you do?

( もしそれが本当なら、君はどうするか )

Suppose we change the subject.

( 話題を変えてみましょう。 )

13 - 2.  ( let's ) say ( that ) ~ : 「 仮に ~ だとすれば 」

Say it were true, what then?

( 仮に本当だとすればどうだというのか。 )

Let's say you had a lot of money. what would you do?

( あなたには多くのお金があったとしましょう。あなたはどうしますか。 )

挿入節として用いる場合

Believe me, I'm terribly sorry.

( 本当だよ、 すごくすまないと思っているんだ。 )

間投詞として用いる場合

「 さあ 」「 おい 」「 これ 」「 ほら 」 という意味で誘いや督促、相手の注意を促す時に用います。

Come, tell me what it's all about.

( さあ、それがどうしたっていうんだ。 )

Come, come, you shouldn't speak like that!

( これこれ、そんな口をきくもんじゃない。 )

Look, here comes your train.

( ほら、あなたの乗る電車が来たわ。 )

動詞のない命令法

   口語では性急な命令を表す場合、動詞を用いず「 形容詞 」「 名詞 」「 副詞 」「 副詞 + 名詞 」「 副詞 + 前置詞 」 などで命令を表すことがあります。

Away with you!

( 立ち去れ。 )

All aboard

( 皆さんお乗りください。 )

Off limits.

( 立ち入り禁止。 )

Off with your hat!

( 帽子をとりなさい。 )

Silence, please.

( ご静粛に。 )

Attention, please.

( お知らせします。 )

Quiet

( 静かに。 )

Down with corrupt politicians.

( 汚職政治家を追放せよ。 )

<< Lesson 110:仮定法     |     Lesson 112:否定 >>

英文法

英文法の基礎を全 120 Lesson で徹底的に学習しよう。

Lesson 001:品詞

Lesson 002:文の構成

Lesson 003:基本 5文型

Lesson 004:文の種類

Lesson 005:句と節

Lesson 006:自動詞と他動詞

>> 全 120 Lesson 一覧  

英語フレーズ集

こんなときなんて言う? 身の回りのあらゆることを英語で表現してみよう。

Lesson 001:起床

Lesson 002:洗面

Lesson 003:

Lesson 004:通勤・通学

Lesson 005:

>> 全 119 Lesson 一覧  

映画で楽しく英語学習

Born of cold and winter air and mountain rain combining

アナと雪の女王 Lesson 001 >>>

< ♪ Frozen Heart ♪ >

Born of cold and winter...

Hyup! Ho! Watch your step! Let it go!

アナと雪の女王 Lesson 002 >>>

< ♪ Frozen Heart ♪ >

Hyup! Ho! Watch your ...

Elsa. Psst. Elsa!

アナと雪の女王 Lesson 003 >>>

< Young Anna >

Elsa. Psst. Elsa!

Ice? Faster, Sven!

アナと雪の女王 Lesson 004 >>>

< Young Kristoff >

Ice? Faster, Sven!

I recommend we remove all magic, ...

アナと雪の女王 Lesson 005 >>>

< Grand Pabbie >

I recommend we...

塔の上のラプンツェル ~ Lesson 001 ~

ラプンツェルを主人公に新しい世界へ踏み出す勇気のすばらしさを描いた感動の物語

このエントリーをはてなブックマークに追加

英文法

英文法の基礎を全 120 Lesson で徹底的に学習しよう。

Lesson 001:品詞

Lesson 002:文の構成

Lesson 003:基本 5文型

Lesson 004:文の種類

Lesson 005:句と節

Lesson 006:自動詞と他動詞

>> 全 120 Lesson 一覧  

英語フレーズ集

こんなときなんて言う? 身の回りのあらゆることを英語で表現してみよう。

Lesson 001:起床

Lesson 002:洗面

Lesson 003:

Lesson 004:通勤・通学

Lesson 005:

>> 全 119 Lesson 一覧  

映画で楽しく英語学習

Born of cold and winter air and mountain rain combining

アナと雪の女王 Lesson 001 >>>

< ♪ Frozen Heart ♪ >

Born of cold and winter...

Hyup! Ho! Watch your step! Let it go!

アナと雪の女王 Lesson 002 >>>

< ♪ Frozen Heart ♪ >

Hyup! Ho! Watch your ...

Elsa. Psst. Elsa!

アナと雪の女王 Lesson 003 >>>

< Young Anna >

Elsa. Psst. Elsa!

Ice? Faster, Sven!

アナと雪の女王 Lesson 004 >>>

< Young Kristoff >

Ice? Faster, Sven!

I recommend we remove all magic, ...

アナと雪の女王 Lesson 005 >>>

< Grand Pabbie >

I recommend we...

塔の上のラプンツェル ~ Lesson 001 ~

ラプンツェルを主人公に新しい世界へ踏み出す勇気のすばらしさを描いた感動の物語