英語学習 | Learning English

TOP >  英単語学習 >  アナと雪の女王 Lesson 一覧 >  アナと雪の女王 ~ Lesson 029 ~

アナと雪の女王 | FROZEN

ディズニー映画Lesson 029
In Summer

< Olaf ♪ In Summer ♪ >

Bees will buzz, kids will blow dandelion fuzz.

( ハチは飛び回り、タンポポのふわふわが舞い上がる )

buzz

品詞:自動詞

意味:<ハチなどが>ブンブンと音を立てる

blow

品詞:他動詞

意味:~を吹く、~を吹き飛ばす

dandelion

ヨミ:ダンディライオン、ダンデライオン

品詞:名詞

意味:タンポポ

fuzz

品詞:名詞

意味:綿毛、産毛

< Olaf ♪ In Summer ♪ >

And I'll be doing whatever snow does in summer.

( ボクは夏に雪がすることをなんでもやりたいんだ! )

will be doing

形式:未来進行形

意味:~ している最中だろう、 ~ していることだろう

※未来のある時点における進行中の動作を表します。

whatever

品詞:代名詞

形式:関係代名詞 <名詞節を導いて>

意味:~ することは何でも、 ~ することはすべて

< Olaf ♪ In Summer ♪ >

A drink in my hand, my snow up against the burning sand.

( 飲み物を片手に灼熱の砂の上に雪を投げ出す )

up against A

意味:Aに接触して、 Aに接近して

< Olaf ♪ In Summer ♪ >

Probably getting gorgeously tanned in summer.

( 多分最高に格好よく日焼けするだろう )

probably

品詞:副詞

意味:たぶん、 おそらく、 十中八九

※perhapsやmaybeよりも確信度が高い

will be doing

形式:未来進行形

意味:~ している最中だろう、 ~ していることだろう

※1. 未来のある時点における進行中の動作を表します。

※2. 「Probably (I will be) getting gorgeously tanned in summer.」の「(I will be)」は歌の冒頭でも使われていることから重複を避けるための省略だと考えられます。

get+過去分詞

変化:gets, getting, got

品詞:自動詞

形式:受け身

意味:~ される

※be+過去分詞よりも影響・恩恵・被害を強調するときに使われます。上記の「未来進行形」と組み合わせると「~ されている最中だろう、 ~ されていることだろう」という意味になります。

gougeously

品詞:副詞

意味:豪華に、 華美に

tan

変化:tans, tanning, tanned

品詞:他動詞

意味:~ を日焼けさせる

※上記の「未来進行形」と「受け身」を組み合わせた「I will be getting tanned」を直訳すると「日焼けさせられている最中だろう、 日焼けさせられていることだろう」という意味になります。

< Olaf ♪ In Summer ♪ >

I'll finally see a summer breeze blow away a winter storm,

( ようやく夏の風を味わうことができる 冬の嵐なんかゴメンさ )

and find out what happens to solid water when it gets warm.

( そして見つけるんだ 水が温かいことを )

finally

品詞:副詞

意味:とうとう、 ついに

see

品詞:他動詞

意味:~ を経験する、 目にする; ~ を目撃する、 ~ に遭遇する

breeze

品詞:名詞

意味:そよ風

blow away A

品詞:他動詞

意味:A<埃や嫌な気分など>を吹き飛ばす、 吹っ飛ばす、 一掃する

find out wh節

品詞:自動詞

意味:~ か(どうか)を見つけ出す、 調べる、 探り出す

happen to A

品詞:自動詞

意味:<よくない事などが>Aに起こる、 ふりかかる

solid

品詞:形容詞

意味:固体の、固形の

get

変化:gets, getting, got

品詞:

意味:

warm

品詞:形容詞

意味:暖[温]かい; 暖[温]かく感じる

< Olaf ♪ In Summer ♪ >

And I can't wait to see, what my buddies all think of me.

( もう待ちきれない ボクの仲間達がどう思うのかを )

can't wait to do

意味:~ するのを待てない、我慢できない、待ちきれない

see

品詞:他動詞

意味:~ を経験する、 目にする; ~ を目撃する、 ~ に遭遇する

buddy

変化:buddies

品詞:名詞

意味:(男の)仲間、相棒

all

品詞:名詞

意味:~全員、 ~全部

※allの位置:主語と同格で、一般動詞の場合はその直前、助動詞の場合はその直後に置きます。ここでは一般動詞が使われているため、その直前に置かれ「my buddies all think」という語順になります。

think of A

品詞:自動詞

意味:Aのことを想像する、思い浮かべる

< Olaf ♪ In Summer ♪ >

Just imagine how much cooler I'll be in summer!

( 想像してごらん? 夏のボクがどんなにクールかって )

just

品詞:副詞

位置:命令文の前

意味:ちょっと、まあ; とにかく、(何でも)いいから

imagine

品詞:他動詞

意味:~ を想像する、心に描く

how+形容詞/副詞+主語+動詞

品詞:副詞

形式:間接感嘆文

意味:どんなに[いかに]~か

much

品詞:副詞

位置:比較級や最上級の前

意味:ずっと、はるかに、断然

cool

変化:cooler, coolest

品詞:形容詞

意味:粋な、すてきな、かっこいい、すばらしい、いかす

will

変化:'ll

品詞:助動詞

語意:単純未来

意味:~だろう、~でしょう、

be

品詞:自動詞

語意:存在

意味:<人が>いる

< Olaf ♪ In Summer ♪ >

The hot and the cold are both so intense. Put them together, it just makes sense.

( 暑さも寒さも強烈だけど一緒にしちゃえばいいことだらけ! )

both

品詞:代名詞

意味:両方とも

※bothの位置:一般動詞の場合はその直前、助動詞の場合はその直後に置きます。ここでは助動詞が使われているため、その直後に置かれ「The hot and the cold are both」という語順になります。ただし、文が助動詞で終わるときには、その直前に置かれます。

intense

品詞:形容詞

意味:<光や熱などが>激しい、強烈な

put A+副詞

品詞:他動詞

意味:Aを(ある状態に)する

together

品詞:副詞

意味:一緒にして、一つにして、合わせて

just

品詞:副詞

意味:まさに、 ほんとに、 まったく

make

変化:makes, making, made

品詞:他動詞

意味:~ を作る; ~ を引き起こす; ~ を得る

sense

品詞:名詞

意味:分別; 感覚; センス; 意味、 語義; 道理

make sense

意味:理解しやすい; 筋が通る、 つじつまが合う; 賢明である

< Olaf ♪ In Summer ♪ >

Winter's a good time to stay in and cuddle, but put me in summer and I'll be a...Happy snowman!

( 冬は外に出ず寄り添って寝るには良いけど 夏の僕は...ハッピーな雪だるま! )

stay in

品詞:自動詞

意味:(特に夜)家にいる、外出しない

cuddle

ヨミ:カドル

品詞:自動詞

意味:抱き合う、寄り添う

put A in B

品詞:他動詞

意味:AをBに委ねる; AをBに置く

will

変化:'ll

品詞:助動詞

形式:単純未来

意味:~ でしょう、 ~ だろう

be

品詞:自動詞

意味:Cになる、 Cである

< Olaf ♪ In Summer ♪ >

When life gets rough I like to hold on to my dream of relaxing in the summer sun, just letting off steam.

( 人生がタフなときには夢にすがりたいんだ 太陽の下、リラックスして鬱憤を晴らすんだ! )

get

変化:get, getting, got

品詞:自動詞

意味:C<状態・感情など>になる

rough

品詞:形容詞

意味:酷な、 厳しい、 きつい

like to do

品詞:他動詞

意味:~ したい(と思う)

hold on to A

品詞:自動詞

意味:Aを手放さないでいる、失わないようにする

of

品詞:前置詞

語意:内容

意味:BについてのA、 BのA

relaxing

形式:動名詞

意味:リラックスすること、 くつろぐこと

let off A

変化:lets, letting

品詞:自動詞

意味:~ を発する、漏らす

steam

品詞:名詞

意味:蒸気、湯気

let off steam

意味:余分な蒸気を出す、ストレスを解消する、憂さを晴らす

< Olaf ♪ In Summer ♪ >

Oh, the sky will be blue.

( あ~、なんて青い空... )

will

品詞:助動詞

形式:単純未来

意味:~ だろう

※willの後ろの動詞は原形になります。「現在時制:the sky is blue」→「未来時制:the sky will be blue」

< Olaf ♪ In Summer ♪ >

And you guys will be there too. When I finally do what frozen things do in summer!

( もちろん皆も一緒さ ついにやるんだ 凍った奴らが夏にすることを! )

you guys

意味:君たち、あなたたち

will

品詞:助動詞

形式:単純未来

意味:~ だろう

※willの後ろの動詞は原形になります。「現在時制:you guys are there too」→「未来時制:you guys will be there too」

when

品詞:接続詞

意味:~ する時に

finally

品詞:副詞

意味:とうとう、ついに

what

品詞:代名詞

形式:関係代名詞

意味:~ することはなんでも

frozen

品詞:形容詞

意味:凍った、凍らせた

thing

変化:things

品詞:名詞

意味:(形容詞を伴って) ~な人、やつ

< Kristoff >

I'm gonna tell him.

( ヤツに教えないと )

be going to do

変化:be gonna do

意味:~ するつもりである、~する予定である

< Anna >

Don't you dare.

( やめなさいよ )

< Olaf ♪ In Summer ♪ >

In summer!

dare

ヨミ:デア

品詞:他動詞

意味:~ するようけしかける[挑む]、 <危険など> に立ち向かう

Don't you dare (do)!

意味:(~したら)承知しないぞ、(そんなことするのは)やめなさい

< Olaf >

So, come on! Elsa's this way. Let's go bring back summer!

( さあ、おいで! エルサはこっちだ! 夏を取り戻そうぜ! )

this way

意味:こっちに、

Let's go

意味:さあ行こう、行きましょう

go do = go and do

品詞:自動詞

意味:~ しに行く

bring

品詞:他動詞

意味:~ を持って来る、連れて来る

bring back A

品詞:他動詞

意味:Aを復活させる、回復させる、戻す

< Anna >

I'm coming!

( そっちに行くわ )

be doing

形式:予定を表す進行形

意味:~ する予定である、 ~ するつもりである

come

品詞:自動詞

意味:(話し手の方に)行く

< Kristoff >

Somebody's gotta tell him.

( 誰かアイツに教えてやらないと... )

have got to do

変化:has gotta do, 's gotta do

意味:~ しなければならない

※have got = have。一般的に「have got to」は「have to」よりも丁寧な表現となります。

英文法

英文法の基礎を全 120 Lesson で徹底的に学習しよう。

Lesson 001:品詞

Lesson 002:文の構成

Lesson 003:基本 5文型

Lesson 004:文の種類

Lesson 005:句と節

Lesson 006:自動詞と他動詞

>> 全 120 Lesson 一覧  

英語フレーズ集

こんなときなんて言う? 身の回りのあらゆることを英語で表現してみよう。

Lesson 001:起床

Lesson 002:洗面

Lesson 003:

Lesson 004:通勤・通学

Lesson 005:

>> 全 119 Lesson 一覧  

映画で楽しく英語学習

アナと雪の女王 ~ Lesson 001 ~

運命に引き裂かれた王家の姉妹エルサとアナを主人公に圧巻の歌と映像で真実の愛を描いた感動の物語

>> Lesson 一覧

塔の上のラプンツェル ~ Lesson 001 ~

ラプンツェルを主人公に新しい世界へ踏み出す勇気のすばらしさを描いた感動の物語

このエントリーをはてなブックマークに追加

英文法

英文法の基礎を全 120 Lesson で徹底的に学習しよう。

Lesson 001:品詞

Lesson 002:文の構成

Lesson 003:基本 5文型

Lesson 004:文の種類

Lesson 005:句と節

Lesson 006:自動詞と他動詞

>> 全 120 Lesson 一覧  

英語フレーズ集

こんなときなんて言う? 身の回りのあらゆることを英語で表現してみよう。

Lesson 001:起床

Lesson 002:洗面

Lesson 003:

Lesson 004:通勤・通学

Lesson 005:

>> 全 119 Lesson 一覧  

映画で楽しく英語学習

アナと雪の女王 ~ Lesson 001 ~

運命に引き裂かれた王家の姉妹エルサとアナを主人公に圧巻の歌と映像で真実の愛を描いた感動の物語

>> Lesson 一覧

塔の上のラプンツェル ~ Lesson 001 ~

ラプンツェルを主人公に新しい世界へ踏み出す勇気のすばらしさを描いた感動の物語