英語学習 | Learning English

TOP >  英単語学習 >  アナと雪の女王 Lesson 一覧 >  アナと雪の女王 ~ Lesson 032 ~

アナと雪の女王 | FROZEN

ディズニー映画Lesson 032
---

< Anna >

What now?

( 今度は何? )

< Kristoff >

Mm. It's too steep. I've only got one rope and you don't know how to climb mountains.

( 急すぎる ロープ1本じゃ無茶だ キミは山登りなんか知らないしな )

too

品詞:副詞

意味:

steep

品詞:形容詞

意味:(傾斜が) 急な、険しい

have got

変化:'ve got

意味:~ を持っている、携帯している

※have got = have

only

品詞:副詞

意味:<数量などが> たった、 ほんの ~ だけ

how to do

品詞:副詞

意味:どのように ~ したらよいか、 ~ する方法

climb

ヨミ:クライム

品詞:他動詞

意味:<山や木など>に(よじ)登る

< Anna >

Says who?

( 誰に言ってるの? )

< Kristoff >

What are you doing?

( なにやってんだ? )

< Anna >

I'm going to see my sister!

( 姉に会いに行くのよ )

be going to do

語意:予定を表して

意味:~ するつもりである、~ する予定である

be gonna do

変化:be going to do

語意:近い未来を表して

意味:~ するだろう

「will」と「be going to do」の違い

willbe going to doは、どちらも未来のことを表しますが以下のような違いがあります。

① 予定や意思を表す場合 : willは話しているときにその場で決定した予定や意思を表すのに対し、be going to doはすでに決定している予定や意思を表します。このときに使われるwillは通常短縮形でI'll...となります。

② 予想を表す場合 : willは他者の情報などをもとに判断した客観的な予想を表すのに対し、be going to doは話し手がその場の状況を見たり感じたことをもとに判断した主観的な予想を表します。

You're gonna kill yourself

< Kristoff >

You're gonna kill yourself.

( 自殺行為だぞ )

I wouldn't put my foot there.

( 僕ならそこに足をのせない )

< Anna >

You're distracting me.

( 気を散らさないで )

< Kristoff >

Or there.

( そこも )

kill

品詞:他動詞

意味:~ を殺す

would

品詞:助動詞

形式:仮定

意味:~ だろう

put A + 場所や方向を表す副詞

品詞:他動詞

意味:Aを(~に)置く、載せる

distract

変化:distracts, distracting, distracted

品詞:他動詞

意味:<人の気や注意など>をそらす、散らす、紛らす

or

品詞:接続詞

意味:<否定文で> AもBも ~ でない; AでもBでもない

< Kristoff >

How do you know Elsa even wants to see you?

( なぜエルサがキミに会いたがってると分かる? )

even

品詞:副詞

意味:( たとえ ) ~ でも

< Anna >

All right.

( 大丈夫よ )

I'm just blocking you out because I gotta concentrate, here.

( 今、集中してるところだから、ちょっと黙ってて )

just

品詞:副詞

形式:進行形と共に用いて

意味:ちょうど[まさに] ( ~ しているところで )

block A out

変化:blocks, blocking, blocked

品詞:他動詞

意味:A<考えなど>を追い出す

gotta

変化:have[has] got to

意味:~ しなければならない

concentrate

品詞:自動詞

意味:集中する; 専念する、全力を注ぐ

here

品詞:副詞

意味:今、この時点で、ここで

< kristoff >

You know, most people who disappear into the mountains want to be alone.

( 知ってるか? 山で遭難する人の大半は単独行動をするヤツなんだぜ )

you know what [something]?

用法:会話の切り出しや話題の転換に用いて

意味:あのね、おしえてあげよう; ねえ、ちょっと聞いてよ

disappear

ヨミ:ディスアピア

品詞:自動詞

意味:失踪する、姿を消す; 消失する、見当たらなくなる

< Anna >

Nobody wants to be alone.

( 誰も一人になりたがってないわ )

Except maybe you.

( アナタを除けばね )

except

ヨミ:イクセプト、エクセプト

品詞:前置詞

意味:~ を除いて、~ 以外は

< kristoff >

I'm not alone. I have friends, remember?

( ボクは一人じゃない 友達がいる 覚えてるだろ? )

< Anna >

You mean, the love experts?

( 恋の達人? )

< Kristoff >

Yes, the love experts.

( そう、恋愛の達人達だ )

(Do) you mean to say ~?

意味:( あなたの言っていることは ) ~ ということですか

※相手の言っていることに不満があって意向を確認したいときに使われる表現。

Please tell me I'm almost there

< Anna >

Please tell me I'm almost there.

( お願い、もうすぐ頂上だと言って )

Does the air seem a bit thin to you up here?

( この辺り、空気が薄くなってるみたいよ? )

almost

品詞:副詞

意味:ほとんど、もう少しで、ほぼ

「almost」と「nearly」の違い

almostnearlyにはほとんど違いはありませんが、almostのほうがよりその目標に近い状態を表し、時にalmostvery nearlyと理解されます。

almostほとんどその目標に達している状態を表し、nearlyはその目標の近くに達している状態を表します。

seem C to A

品詞:自動詞

意味:AにはCのように見える、思える

a (little) bit

品詞:名詞

意味:ちょっと、少し、少々

用法:しばしば副詞的に用いられ形容詞/副詞/動詞や比較級を修飾します。

thin

品詞:形容詞

意味:薄い、希薄な

up here

意味:ここに

※話している相手より高い場所にいるときに使われる表現

< Kristoff >

Hang on.

( ちょっと待ってろ )

< Olaf >

Hey, Sven?

( ねー、スヴェン )

Not sure if this is gonna solve the problem,

( 問題解決になるかは分からないけどさ )

but I found a staircase that leads exactly where you wanted to go.

( 君たちが行きたがっていたところに続く階段を見つけたよ )

be not sure wh節[句]/if節

品詞:形容詞

意味:~ か(どうか)確信がない、自信がない

※ここでは主語とbe動詞が省略されています。

be gonna do

変化:going toの短縮形

語意:近い未来を表して

意味:~ するだろう

solve

品詞:他動詞

意味:<問題など>を解決する、処理する、打開する

staircase

ヨミ:ステアケイス

品詞:名詞

意味:(手すりなどを含む)階段

lead A+場所を表す副詞

変化:leads, leading, led, leaded

品詞:他動詞

意味:(~に)Aを導く、至らせる

exactly

品詞:副詞

意味:まさしく、ちょうど

I found a staircase that leads exactly where you wanted to go の文法解説

thatは関係代名詞で前に出てきたa staircaseを受ける代名詞の役割を持ち、関係詞節内で主語の働きをしています。

whereは接続詞の役割を併せ持つ関係副詞で、ここではwhereの直前に置かれるthe placeが省略されています。whereの後に続くyou wanted to gothe placeがどんな場所であるかを説明しています。

< Anna >

Thank goodness.

( ありがとう神様 )

Catch!

( つかまえて! )

Thanks.

( ありがと! )

That was like a crazy trust exercise.

( 信頼できるか試したの )

goodness

品詞:名詞

意味:神

like

品詞:前置詞

意味:~ のような

crazy

品詞:形容詞

意味:ばかげた、正気でない

trust

品詞:名詞

意味:信頼、信用

exercise

品詞:名詞

意味:練習、訓練、けいこ

英文法

英文法の基礎を全 120 Lesson で徹底的に学習しよう。

Lesson 001:品詞

Lesson 002:文の構成

Lesson 003:基本 5文型

Lesson 004:文の種類

Lesson 005:句と節

Lesson 006:自動詞と他動詞

>> 全 120 Lesson 一覧  

英語フレーズ集

こんなときなんて言う? 身の回りのあらゆることを英語で表現してみよう。

Lesson 001:起床

Lesson 002:洗面

Lesson 003:

Lesson 004:通勤・通学

Lesson 005:

>> 全 119 Lesson 一覧  

映画で楽しく英語学習

アナと雪の女王 ~ Lesson 001 ~

運命に引き裂かれた王家の姉妹エルサとアナを主人公に圧巻の歌と映像で真実の愛を描いた感動の物語

>> Lesson 一覧

塔の上のラプンツェル ~ Lesson 001 ~

ラプンツェルを主人公に新しい世界へ踏み出す勇気のすばらしさを描いた感動の物語

このエントリーをはてなブックマークに追加

英文法

英文法の基礎を全 120 Lesson で徹底的に学習しよう。

Lesson 001:品詞

Lesson 002:文の構成

Lesson 003:基本 5文型

Lesson 004:文の種類

Lesson 005:句と節

Lesson 006:自動詞と他動詞

>> 全 120 Lesson 一覧  

英語フレーズ集

こんなときなんて言う? 身の回りのあらゆることを英語で表現してみよう。

Lesson 001:起床

Lesson 002:洗面

Lesson 003:

Lesson 004:通勤・通学

Lesson 005:

>> 全 119 Lesson 一覧  

映画で楽しく英語学習

アナと雪の女王 ~ Lesson 001 ~

運命に引き裂かれた王家の姉妹エルサとアナを主人公に圧巻の歌と映像で真実の愛を描いた感動の物語

>> Lesson 一覧

塔の上のラプンツェル ~ Lesson 001 ~

ラプンツェルを主人公に新しい世界へ踏み出す勇気のすばらしさを描いた感動の物語