英語学習 | Learning English

最後の恋のはじめ方 | Hitch

恋愛映画Lesson 016
---

< Hitch >

Now, on the one hand, it is very difficult for a man to even speak to someone who looks like you.

( 美しい女性に声をかけるのは男には勇気の要ることだ )

now

品詞:副詞

用法:話題の転換

意味:さて、さあ、ところで

on the one hand

用法:常にon the other handと対で用いる

意味:一方では

it is difficult for A to do

品詞:形容詞

意味:Aにとって ~ することは難しい

even

品詞:副詞

意味:~ すら、 ~ (で)さえ、 ~ だって

who

品詞:代名詞 <関係詞>

用法:関係代名詞は、文と文をつなぐ 接続詞 の役割と、前に出てきた名詞を受ける 代名詞 の役割を持ちます。次の文は 関係代名詞who 」 を用いて、2 つの文を 1 つにまとめたものです。

This is Bill. + He is a singer.

( こちらはビルです。 ) + ( 彼は歌手です。 )

↓↓↓

This is Bill who is a singer.

( こちらは歌手であるビルです。 )

   このように「 Bill 」 を説明する「 who is a singer 」 の部分を 関係詞節 といい、関係詞節によって説明・修飾される語を 先行詞 といいます。

look like A

品詞:自動詞

意味:Aのように見える

< Hitch >

But, on the other hand, should that be your problem?

( 女性は迷惑だと思う )

on the other hand

用法:2つの異なる事柄や考えを対照する場合に用いる; 本来 on the one hand と対をなすが、前述の内容を受け単独で用いられることが多い

意味:他方では、(その)一方で

should

品詞:助動詞

意味:<人などが> ~ すべきである、~ するのが当然である

problem

品詞:名詞

意味:問題、課題、支障、トラブル; 難問; やっかいな事

< Sara >

So, life's kinda hard all around.

( 厄介なものね )

life

品詞:名詞

意味:人生; 世間、世の中

kinda = kind of

用法:副詞的に; 明確な表現を避けて

意味:ちょっと; (まあ)何て言うか、言ってみれば、ある意味では、どちらかと言えば

hard

品詞:形容詞

意味:難しい、困難な

all around

意味:周囲いる全員に(とって)、各々に、ひとりひとりに

< Hitch >

No, not if you pay attention.

( でも見りゃ分かる )

I mean, you're sending all the right signals: no earrings, heels under two inches,

( 君はイヤリングをしてなくて靴はローヒール )

your hair is pulled back, you're wearing reading glasses with no book,

( 髪を引きつめ 読書用メガネ )

pay B to A

品詞:他動詞

意味:AにB<注意>を払う

attention

品詞:名詞

意味:注意(力); 関心

I mean

用法:前言を補足説明

意味:つまり

send

品詞:他動詞

意味:Aを伝える

all the A

品詞:形容詞

意味:すべてのA

right

品詞:形容詞

意味:(事実に合って)正しい、正確な

signal

品詞:名詞

意味:信号、合図; しるし、兆候

pull

品詞:他動詞

意味:Aを引く、引っぱる、引き寄せる

back

品詞:副詞

意味:(物が)(垂れ)下がらないように

be 動詞 + 過去分詞

用法:受動態

意味:~ される

  1. 受動態にできる動詞は目的語を伴う他動詞のみ。

  2. 能動態の目的語を受動態の主語にする。

  3. 特に動作主 ( 動作をする人や物 ) を表す必要がない場合は by ~ を省略することが多い。

受動態の作り方

wear

品詞:他動詞

意味:<衣服・装飾品など>を身につけ(てい)る

reading

品詞:名詞

用法:形容詞的に

意味:読書の(ための)

< Hitch >

drinking a Grey Goose martini, which means you had a hell of a week and a beer just wouldn't do it.

( 仕事に疲れてて ビールじゃなくウォッカ・マティーニ )

And if that wasn't clear enough, there's always the ”fuck off” that you have stamped on your forehead.

( 額には”私をほっといて”と書いてある )

which means (that)節

意味:ということはつまり ~ だ、 すなわち ~ ということだ

have

品詞:他動詞

意味:<~な時>を過ごす、(体験として)~を持つ、経験する

a hell of a...

用法:ぞんざいに

意味:(量・程度などが)ものすごい、どえらい

just

品詞:副詞

用法:否定語の前で

意味:少しも[ちっとも]~ではない[しない、できない]

would

品詞:助動詞

用法:推量;will より確信度が少し低く、推量を表す場合は would のほうがよく用いられます。

意味:~ だろう

clear

品詞:形容詞

意味:わかりやすい、明快な、理解しやすい; 明白な、はっきりした

enough

品詞:副詞

意味:(これ以上は望みようがないほど)十分に、いいかげん

there is A

用法:相手の注意を引いて

意味:ほらAがある[いる]

(Go) fuck off(!)

意味:うせろ、きえろ; じゃまだ

that

品詞:代名詞 <関係詞>

用法:

関係代名詞 that は「 人 」「 事物 」「 動物 」 のすべてに用いることができます。

< 関係代名詞 that の主な特徴 >

  1. 主格と目的格があり所有格はない。語形変化もない。

  2. who , whom , which の代わりに用いられることが多い。

  3. 目的格の that は省略可能。

  4. 先行詞が次のような場合は who , whom , which よりも that が用いられます。

    1. 最上級の形容詞や the only, the first, the same, the very などによって修飾され 「 唯一 」 の意味が含まれる場合

    2. anything, everything, none などの不定代名詞の場合

    3. all, any, every, no などの不定数量形容詞によって修飾されている場合

    4. 「 人 + 人以外のもの 」の場合

    5. 疑問詞の場合

    6. 人の職業・性質を表し、かつ、補語である場合

that が関係詞節内で 目的語 の働きをする場合

目的格の that は省略が可能。

The man that I spoke of yesterday is standing over there.

( 私が昨日話していた男があそこに立っている。 )

I turned in the wallet that I'd found to the police.

( 私は拾った財布を警察に届けました。 )

have done

用法:現在完了形<継続>;過去から現在までの状態の継続を表します

意味:( 今までずっと ) ~ している

stamp ≪ on ≫

品詞:他動詞

意味:≪ ~ に ≫ ~ をスタンプで押す; ≪ ~ に ≫<印象・感情など>を刻み込む、植えつける

forehead

品詞:名詞

意味:額、前額

< Hitch >

Because who's gonna believe that there's a man out there that can sit beside a woman he doesn't know and genuinely be interested in who she is, what she does, without his own agenda?

( ”何の下心もなく女性に話しかけ彼女に純粋な興味を持つ男は存在しない” )

gonna = be going to

語意:近い未来を表して

意味:~ だろう

that

品詞:接続詞

用法:名詞節 there's a ~ を導いて; 他動詞 believe の目的語として用いて

意味:~ ということ

there is A

用法:存在構文; there自体に「そこに」の意味はなく、不定の主語Aを導く形式的なもの

意味:Aがいる、ある

out there

意味:(ここ以外の)どこかに

that

品詞:代名詞 <関係詞>

用法:先行詞 man を説明・修飾する関係詞節を導いて; 関係詞節内で主語の働きをして

例文:

The old man that lived in our neighborhood died yesterday.

( 近くに住んでいた老いた男が昨日死んだ。 )

He's the greatest actor that has ever lived.

( 彼は今までになかったような名優だ。 )

That's all that matters.

( それが一番大事なんじゃない。 )

know

品詞:他動詞

意味:<人>と知り合いである、つき合いがある

genuinely

品詞:副詞

意味:純粋に、本当に、誠実に、心から

be interested in A

品詞:形容詞

意味:Aに興味を持っている

who

品詞:代名詞 <疑問詞>

用法:文中で疑問を表す名詞節 <関節疑問> what she ~ を導いて; 前置詞 in の目的語として用いて

without

品詞:前置詞

意味:~ せずに、~ なしに

agenda

品詞:名詞

意味:(隠された)意図、底意、計略

< Sara >

Yeah. I wouldn't even know what that would look like. So, what would a guy like that say?

( もし そういう男性がいたら女にどう話しかける? )

would

品詞:助動詞

用法:強い意志・同意

意味:(当然)~だ

even

品詞:副詞

用法:予期しない意外な内容であることを暗示して

what

品詞:代名詞 <関係詞>

用法:先行代名詞が含まれている関係代名詞を 複合関係代名詞 といいます。先行詞が漠然としていたり、特に明示する必要が無い場合に用いられます。

   ( 例 ) whatthe thing which など

関係代名詞節を 目的語 とする場合

He always does what he believes is right.

( 彼はいつも正しいと信じることをする。 )

I don't believe what you say.

( 私は君が言うことを信じない。 )

I will send what was promised.

( お約束の物を送りましょう。 )

would

品詞:助動詞

用法:疑問詞と共に

意味:いったい~

look like A

品詞:自動詞

意味:Aのように見える

like that

用法:形容詞的に guy を説明・修飾して

意味:そのような

< Hitch >

Well, he'd say ”My name is Alex Hitchens and I'm a consultant.”

( 僕はアレックス・ヒッチンス 職業はコンサルタント )

But she wouldn't be interested in that cause she'd probably be just counting the seconds until he left.

( でも それだけじゃ女は興味を持たない )

'd = would

品詞:助動詞

用法:推量を表す

意味:たぶん ~ だろう

cause = because

品詞:接続詞

用法:従属節を導いて

意味:~ なので、だから

probably

品詞:副詞

意味:たぶん、おそらく、十中八九

count

品詞:他動詞

意味:~ を数える

second

品詞:名詞

意味:秒; 一刻

until

品詞:前置詞

意味:~ まで(ずっと)

leave

語形:leftはleaveの過去形・過去分詞

意味:(今いる場所から)去る、退く

< Sara >

Thinking he was like every other guy.

( ”他の男と同じだわ”と )

think (that)節

品詞:他動詞

意味:~ と思う、考える、判断する

like

品詞:前置詞

用法:様態を表して

意味:(行動・方法・状況などの点で)~と同様に

every other A

品詞:形容詞

意味:ほかのすべてのA

< Hitch >

Which, life experience has taught her, is a virtual certanty.

( 過去の経験が そう思わせる )

which

品詞:代名詞 <疑問詞>

用法:他動詞 teach の目的語として用いて

life

品詞:名詞

用法:名詞の形容詞的用法

意味:(これまでの)人生の、生涯の

experience

品詞:名詞

意味:経験、体験; (経験によって得られた)知識

teach A B

品詞:他動詞

語形:taughtはteachの過去形・過去分詞

意味:AにBを教える

virtual

品詞:形容詞

意味:実質上の、事実上の、実際上の

certainty

品詞:名詞

意味:確実に起きること、間違いのない事

< Hitch >

But then he'd ask her name and what she did for a living and she might blow him off. Or she might say...

( 男は名前と職業を尋ねる 君は そっぽを向くか・・・でなきゃ答える )

but then

意味:それもそのはず ~ だから; だがいざ(その時)となると; そうは言っても

then

品詞:副詞

用法:(状況・前言に基づく推論・判断を示して)

意味:それなら、そうすると

'd = would

品詞:助動詞

用法:推量を表す

意味:たぶん ~ だろう

what

品詞:代名詞 <疑問詞>

用法:文中で疑問を表す名詞節 <関節疑問> what she did~ を導いて ; 他動詞 ask の目的語として用いて

living

品詞:名詞

意味:生計(の手段)、生計を支える仕事

might do

品詞:助動詞

用法:現在・将来の可能性や推量を表して; 過去の意味はなく、mayと交換可能なことも多い; mayは時にかたく響くため、日常英語ではmightの方が好まれる

意味:(ひょっとすると)~かもしれない

blow A off

品詞:他動詞

意味:A<異性>を振る

< Sara >

”I'm Sara Melas. I run the gossip colum at the Standard.”

( サラ・ミラスよ 「スタンダード紙」の記者 )

And then he'd ask all these penetrating questions about her, because he was sincerely, if atypically, interested.

( 彼の関心が本物なら彼女の仕事について鋭い質問をする )

run

品詞:他動詞

意味:<記事・広告など>を載せる、掲載する

at

品詞:前置詞

意味:~ に所属して

then

品詞:副詞

用法:順序を示して

意味:次に、それから、その後で

penetrating

品詞:形容詞

意味:鋭い; 洞察力のある<質問など>

sincerely

品詞:副詞

意味:心から、誠意をもって

if

品詞:副詞

用法:挿入構文、 意味を補ったり注釈を加えたりするため、語句や節を文中に付け足すことを 挿入 といいます。挿入語句の前後にコンマを置いて区切ることが多いが、ダッシュやカッコを使うこともあります。

意味:もし~だとすれば

副詞節の挿入

Perserverance, as you know, is the key to success.

( 忍耐は、ご承知のように、成功への鍵です。 )

Our teacher is, as it were, a walking dictionary.

( 私たちの先生は、いわば、生き字引だ。 )

He is bright, and what is more, he is polite.

( 彼は頭が良く、そのうえ礼儀正しい。 )

I was tired and, what is worse, I was sleepy.

( 私は疲れていた、おまけに眠かった。 )

There are few, if any, mistakes in his composition.

( 彼の作文にはまずほとんど誤りはない。 )

atypically

品詞:副詞

意味:型にはまらず、不規則に

< Hitch >

No.

( ”ブー”だね )

< Sara >

No?

( ダメ? )

< Hitch >

He'd be interested.

( ムリだよ )

But... he'd see that there was no way he could possibly make her realize that he was for real.

( それだけじゃ男に下心がないことを彼女は理解しない )

'd = would

品詞:助動詞

用法:推量;will より確信度が少し低く、推量を表す場合は would のほうがよく用いられます。

意味:~ だろう

see (that)節

品詞:他動詞

意味:~ であることがわかる

there is A

品詞:副詞

用法:存在構文; notを使った否定文は物体の有る無しを言及する場合に好まれ、抽象概念には no が好まれる

意味:Aがいる[ある]

no way

用法:可能性を打ち消して

意味:絶対ない、そんなことがあるか

there is no way (that)節

意味:~ なんてあり得ない

possibly

品詞:副詞

用法:can, couldを伴って

意味:何とかして、できる限り

make A do

品詞:他動詞

意味:Aに(嫌がっても強制的に)~させる

realize that節

品詞:他動詞

意味:~ だと気づく

for real

用法:くだけた話

意味:本当の; 本気の

例文:

Are you for real?

( マジかよ )

< Sara >

Well, he could be funny and charming and refreshing original.

( 男にユーモアがあってチャーミングで個性的なら? )

could

品詞:助動詞

用法:可能性を表して; 譲歩や主張を述べるために用いて

意味:~ かもしれない

funny

品詞:形容詞

意味:おもしろい、おかしい

refreshingly

品詞:副詞

意味:さわやかに

original

品詞:形容詞

意味:独創的な、独特の

< Hitch >

Wouldn't help.

( ムリだね )

< Sara >

Don't you hate it when that happens?

( 難しいわね )

would

品詞:助動詞

用法:推量;will より確信度が少し低く、推量を表す場合は would のほうがよく用いられます。

意味:~ だろう

help

品詞:自動詞

意味:役に立つ、助けになる

hate it when節

品詞:他動詞

用法:itはwhen節をさす

意味:~ ということを嫌う、残念に思う

happen

品詞:自動詞

意味:(何かの結果として)起こる、生じる

< Hitch >

Not really.

( そうかな? )

They'd both probably go on to lead the lives they were headed toward and...

( 2人は各々の人生を歩み続け )

My guess is... they'd do just fine.

( それは それなりに幸せさ )

Not really

用法:下降調で

意味:いや別に、それほどでも

'd = would

品詞:助動詞

用法:推量;will より確信度が少し低く、推量を表す場合は would のほうがよく用いられます。

意味:~ だろう

both

品詞:代名詞

用法:同格用法

文中での位置:一般動詞の前、be動詞・助動詞の後ろに置かれる

意味:両方とも、双方

probably

品詞:副詞

意味:たぶん、おそらく、十中八九

go on to do

意味:(あることを終えた後)引き続き~する

lead

品詞:他動詞

意味:<生活>を送る

life

品詞:名詞

語形:livesはlifeの複数形

意味:人生; (日常の)生活、暮らし

be headed toward A

品詞:他動詞

意味:~ へと向かう

guess

品詞:名詞

意味:推測、推量

do + 副詞

品詞:自動詞

意味:<人が>(ある状態で)やっていく、暮らす

just

品詞:副詞

意味:まさに、ほんとに、まったく

fine

品詞:副詞

意味:うまく; 十分に、申し分なく

< Hitch >

It's a pleasure to have met you, Sara Melas.

( じゃ 失礼するよ サラ )

pleasure

品詞:名詞

用法:

意味:楽しいこと、うれしい経験、喜びの源; 光栄なこと

have + 過去分詞

品詞:助動詞

用法:現在完了形 <継続> 過去のある時点から現在まで行為が継続・中断していることを表す

意味:~ している

meet

品詞:他動詞

語形:metはmeetの過去形・過去分詞

意味:(偶然に)<人>と出会う、会って話す

< Waiter #1 >

Grey Goose martini from the gentleman who just left.

( 今の方から お代わりです )

who

品詞:代名詞 <関係詞>

用法:先行詞 the gentleman を説明・修飾する関係詞節を導いて; 関係詞節内で主語の働きをして

意味:~ する人

just

品詞:副詞

意味:たった今[少し前に]

leave

品詞:自動詞

品詞:leftはleaveの過去形・過去分詞

意味:(今いる場所から)去る、退く

英文法

英文法の基礎を全 120 Lesson で徹底的に学習しよう。

Lesson 001:品詞

Lesson 002:文の構成

Lesson 003:基本 5文型

Lesson 004:文の種類

Lesson 005:句と節

Lesson 006:自動詞と他動詞

>> 全 120 Lesson 一覧  

英語フレーズ集

こんなときなんて言う? 身の回りのあらゆることを英語で表現してみよう。

Lesson 001:起床

Lesson 002:洗面

Lesson 003:

Lesson 004:通勤・通学

Lesson 005:

>> 全 119 Lesson 一覧  

映画やドラマで英語学習

Born of cold and winter air and mountain rain combining

アナと雪の女王

Lesson 001 >>>

初級者にオススメ! ディズニー映画。運命に引き裂かれた王家の美しい姉妹を主人公に、凍った世界を救う"真実の愛"を描いた感動の物語。

塔の上のラプンツェルLesson 001 >>>

初級者にオススメ! ディズニー・ラブストーリー映画。ラプンツェルを主人公に新しい世界へ踏み出す勇気のすばらしさを描いた感動の物語。

SUITS/スーツ
Season1 第1話
Lesson 001 >>>

中級者にオススメ! ビジネス向けの英会話やフレーズが学べる海外ドラマ。NYの法律事務所を舞台に、エリート敏腕弁護士ハーヴィーと天才青年マイクのコンビが活躍するスタイリッシュ・サクセスストーリー。

Hitch/最後の恋の始め方 Lesson 001 >>>

初~中級者にオススメ! 恋愛フレーズが学べるラブコメディ映画。デート・コンサルタントのヒッチが指南する相手の心をつかむテクニックは一見の価値あり!

英文法

英文法の基礎を全 120 Lesson で徹底的に学習しよう。

Lesson 001:品詞

Lesson 002:文の構成

Lesson 003:基本 5文型

Lesson 004:文の種類

Lesson 005:句と節

Lesson 006:自動詞と他動詞

>> 全 120 Lesson 一覧  

英語フレーズ集

こんなときなんて言う? 身の回りのあらゆることを英語で表現してみよう。

Lesson 001:起床

Lesson 002:洗面

Lesson 003:

Lesson 004:通勤・通学

Lesson 005:

>> 全 119 Lesson 一覧  

映画やドラマで英語学習

Born of cold and winter air and mountain rain combining

アナと雪の女王

Lesson 001 >>>

初級者にオススメ! ディズニー映画。運命に引き裂かれた王家の美しい姉妹を主人公に、凍った世界を救う"真実の愛"を描いた感動の物語。

塔の上のラプンツェルLesson 001 >>>

初級者にオススメ! ディズニー・ラブストーリー映画。ラプンツェルを主人公に新しい世界へ踏み出す勇気のすばらしさを描いた感動の物語。

SUITS/スーツ
Season1 第1話
Lesson 001 >>>

中級者にオススメ! ビジネス向けの英会話やフレーズが学べる海外ドラマ。NYの法律事務所を舞台に、エリート敏腕弁護士ハーヴィーと天才青年マイクのコンビが活躍するスタイリッシュ・サクセスストーリー。

Hitch/最後の恋の始め方 Lesson 001 >>>

初~中級者にオススメ! 恋愛フレーズが学べるラブコメディ映画。デート・コンサルタントのヒッチが指南する相手の心をつかむテクニックは一見の価値あり!